お知らせ

東日本大震災義援金のお願い

NPO法人「ハワイシニアライフ協会」(略称:HISLEA ) は、この度、日本の東北・関東地域を襲った大地震と津波で甚大な被害を被った方々を援助するためにハワイ州挙げての支援活動 Aloha for Japan" に呼応し、義援金を募集しております。皆様からの義援金はまとめて、"Aloha for Japan" を通して被災者にお届けします。

【ハワイの方】 下記ハワイシニアライフ協会義援金受付窓口までチェックをお送りください。

Payable to: HISLEA
*メモ欄に必ず、TSUNAMIと記載下さい。

送り先: HISLEA /TSUNAMI
       P.O. Box 25355
2011年3月17日/閲覧数: 1635回/カテゴリー: お知らせ

HISLEA "Aloha for Japan"

HELP TSUNAMI VICTIMS IN JAPAN !

In coordination with statewide relief efforts “Aloha for Japan
2011年3月17日/閲覧数: 952回/カテゴリー: お知らせ

東日本大震災で被災された方へのお見舞い

衷心よりお見舞い申し上げます


このたびの東日本大震災に際しまして、被災に遭われました方には衷心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地域にお住まいの当協会の会員の皆様の被害状況について大変心配をしております。


米国の報道によりますと、日本が8フィート(2.4m)移動したとのことです。(米国地質調査所(USGS))
また、地球の自転が100 万分の1.6 秒短くなった可能性があるとのニュースもありました(米航空宇宙局)。今回の地震には、日本列島を動かし、地球の自転をも変えてしまうほどの大きなエネルギーがあったということかと思います。


日本の皆様が心を合わせ、一日も早く立ち直られるよう心よりお祈り申し上げます。


ハワイシニアライフ協会 会長 坂井諒三

2011年3月13日/閲覧数: 1653回/カテゴリー: お知らせ

10月15日 2010年会員年次総会のご案内

会員の皆様には近日中に別途資料をお送りしますが、「2010年会員年次総会」を10月15日(金)午後5時よりアラモアナホテルにて開催します。

総会では、会長報告、財務部長報告、新任理事の選任を行います。総会に続き、記念講演を日本より平松庚三さん(小僧コム社長、前ライブドア社長)をお迎えして行います。演題は「宇宙、農業、携帯電話」です。民間人として初の宇宙旅行体験を予定している平松さんの興味あるお話をご期待ください。講演会の後はディナー懇親会です。エンターテインメントも準備しています。お楽しみいただくとともに、会員、ゲストの皆様の懇親を深めていただきたいと思います。ご都合がつきます方は、ゲストも歓迎ですのでお誘いあわせの上ご参加ください。万一ご欠席の会員の方は、別途お送りします「委任状」にご記入の上ご返送くださいますようお願いいたします。

◆月日: 2010年10月15日(金)
◆時間: 5:00pm~9:30pm
◆場所: アラモアナホテル ハイビスカスボールルーム
              Ala Moana Hotel Hibiscus BallroomII (2nd Floor)
      410 Atkinson Drive Honolulu, HI 96814
◆式次第:
5:00?5:45pm 年次総会
5:45?6:30pm オープンバー(飲み物代各自払い) 準備の間おくつろぎください。
6:30?7:30pm 特別講演「宇宙、農業、携帯電話」  平松庚三氏(小僧コム社長、ライブドア前社長)
7:30?9:30pm ディナーとエンターテインメント

2010年9月17日/閲覧数: 1794回/カテゴリー: お知らせ

ESTA(電子渡航認証システム)が有料に

片山邦夫さん(会員)

米国訪問の際にESTA(Electoronic System for Travel Authorization)の事前申請、認証の取得が義務付けられていますが、片山邦夫さんより、従来無料でしたが2010年9月8日より有料になるとの情報をいただきました。早速、米国大使館のニュースレター、外務省の広報等で確認しましたところ、概要次のとおりですので、参考までにご案内します。

1) 米国政府は2010年9月8日(米国東部夏時間午前0時)以降、ESTA申請時には、一人あたり14米ドルを課す予定です。米国政府の説明によれば、申請料の支払いは、ESTA専門ウェブサイトを通じて行い、その際、支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express及びDiscoverの4種類に限られるとのことです。(外務省)
エスタシステム運営にかかる費用として4ドル、それに加え義務的料金としての10ドルが旅行促進料金として徴収されます。(大使館)

2) エスタ申請は旅行前ならばいつでも提出する事が可能で、通常一度認証されれば米国への複数回入国が可能で、2年間または申請者のパスポート有効期限、あるいはその他の再申請しなければならない状況が発生するまで有効です。新しい暫定最終規則では、既にエスタ認証を受けた渡航者はエスタ更新の際にはエスタ料金を支払う必要はありません。(大使館)◆一度ESTAの認証を受けると2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますので御注意ください。また、パスポート番号に変更があった場合も再申請が必要です。(外務省)

3) 米国政府と無関係な第三者が独自のウェブサイトを設け、旅行者に代わりESTA申請のための料金を請求していることがありますのでご注意ください。これらのビジネスやウェブサイトはDHSや米国政府と一切関係ありません。(大使館)

以上を参考に、必要な方は9月8日まで(無料中)にESTAの申請をされてはいかがでしょうか。
参考サイト: 外務省 www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html
米国大使館 http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html (日本語の申請案内があります)

2010年8月31日/閲覧数: 2001回/カテゴリー: お知らせ
First6789101112131415